アキュラホーム

サイト内検索


現在位置
アキュラホーム住宅会社としての家づくり家を建てる為のマメ知識はじめての家づくり入門 > アクション > 安心な住まい・暮らしづくり

安心な住まい・暮らしづくり

新しい住まいの完成。ここからが夢の本番です。

住まいづくりは一世一代の大事業。その渦中にあると、つい目の前のテーマに捉われがちですが、いちばん大切なのは、家が完成してからご家族皆さんが幸せに暮らしつづけていくこと。それは、新居の計画を思い立ったそのときから、工事期間を経て入居に至るまで、常に念頭に置いておかなければなりません。
いつまでも安心して快適に暮らしていける家づくりのためには、住まいの品質の評価や住宅会社の対応、設備・機器など、さまざまな角度から検討したいものです。

住宅の品質を客観的に評価する「住宅性能表示制度」。

「住宅性能表示制度」は、平成12年に施行された住宅品質確保促進法(品確法)に基づいて運用されている制度。国が住宅の性能に関する評価基準を儲け、認定を受けた第三者機関が評価を行なうものです。
実際の評価は、図面・仕様書・構造計算書などで構成される設計図書に基づくものと、施工段階・完成段階の検査を経たものの2種類があり、それぞれ評価書が発行されます。
この制度の利用は建築主の任意で、所定の費用がかかります。ご希望であれば、住宅会社に相談しましょう。

住宅性能評価の評価項目の一例(戸建て)

構造の安定に関すること
  • 耐震等級(構造躯体の崩壊等防止)
  • 耐震等級(構造躯体の損傷防止)
  • 耐震等級(構造躯体の崩壊等防止および損傷防止)
火災時の安全に関すること
  • 感知警報装置設置等級(自住戸火災時)
  • 耐火等級(延焼のおそれのある部分(開口部))
  • 耐火等級(延焼のおそれのある部分(開口部以外))
劣化の軽減に関すること
  • 劣化対策等級(構造躯体等)
維持管理への配慮に関すること
  • 維持管理対策等級(専用配管)
耐熱環境に関すること
  • 省エネルギー対策等級
空気環境に関すること
  • ホルムアルデヒド対策(室内および天井裏等)
光・視に関すること
  • 単純開口率
高齢者などへの配慮に関すること
  • 高齢者等配慮対策等級(専用部分)

CO2の排出量を抑えた環境性能の高い住まいづくり。

地球温暖化の原因となる温室効果ガス。なかでも、もっとも温暖指数が高いCO2(二酸化炭素)の排出が問題視されていますが、一般的な住宅で年間約5トン以上ものCO2が排出される*ことをご存知でしょうか。主な排出要因は、冷暖房や給湯、照明など、暮らしに欠かせないものばかり。
地球温暖化の影響が、身近な生活に直接関係するものというイメージは浮かびづらいかも知れませんが、地域社会や次の世代への影響などを考えると、わたしたち一人ひとりが暮らしのなかで取り組むべき問題。これからは、できるだけCO2を出さない住まいを考えていきたいものです。

*環境省「国民運動推進について」(2007年発表)

住まいの部材や設備の工夫でCO2の排出を抑えられます。


オール電化のキッチンも人気

夏は涼しく、冬は暖かい住まいづくりは、家庭でもっとも大きなCO2排出源である冷暖房の使用を抑えることにつながります。窓には複層ガラスや断熱性アルミサッシを採用、床や外壁、天井にも断熱材をしっかり使用し、隙間を少なくすることで遮熱性・気密性が高まり、室内の温度変化を軽減できます。
また、いま話題のエコロジータイプの給湯システムは、排気熱を再利用して給水を温め、一般的な給湯器より約5%のCO2削減を実現。*また、太陽光発電システムを採用し、CO2を排出しないクリーンな電力利用を行なう家も増えてきました。その他、オール電化など、光熱費も削減でき、地域や地球にもやさしいさまざまな設備もあります。住宅会社に相談してみましょう。

*東京ガスホームページ「ガス温水器エコジョーズの特長」

誰もが安全・快適に暮らせるユニバーサルデザイン

お年寄りや体が不自由な方も便利に、快適に利用できる「バリアフリー」は、近年「ユニバーサルデザイン」という概念へさらに進化し、注目を集めています。
これは、できるだけ多くの人が利用できるように、製品・建物・空間をデザインするというもの。住まいづくりにおいても、お子さまからお年寄り、妊婦さん、背の高い人、車いすを使用する人など、年齢や体力、身体的条件にかかわらず、誰もがいつまでも快適に暮らしていけることを考えましょう。


トイレでの動きをサポートする手すり

Point!ユニバーサルデザインの7つの原則

  1. 誰でも使えて手に入れることができる(公平性)
  2. 柔軟に使用できる(自由度)
  3. 使い方が簡単にわかる(単純性)
  4. 使う人に必要な情報が簡単に伝わる(わかりやすさ)
  5. 間違えても重大な結果にならない(安全性)
  6. 少ない力で効率的に、楽に使える(省体力)
  7. 使うときに適当な広さがある(スペースの確保)

はじめての家づくり入門