アキュラホーム

サイト内検索


現在位置
アキュラホーム住宅会社としての家づくり家を建てる為のマメ知識はじめての家づくり入門 > 基礎知識 > 工法・構造

工法・構造

戸建て住宅の工法にはさまざまなタイプがあり、構造や使用する部材、特徴もそれぞれに異なります。ここでは、設計の自由度が高い木造軸組工法をはじめとする代表的な工法・構造をご紹介します。

木造軸組工法

種類
構造 日本古来の伝統的な工法で、柱・梁・桁・筋交いなど木製の軸組みで骨組をつくる工法。コンクリートの基礎に土台を固定。その上に柱を建てて梁を水平に渡し、屋根を組みます。垂直方向の力には柱、水平方向の力には梁で抵抗する基本原理に、筋交いと呼ばれる斜材を加え、さらに結合金具を使って耐震・耐風構造の強度を高めます。
特徴
  • 設計の自由度が高く、変形敷地にも柔軟に対応できます。
  • 増改築もしやすい工法です。
  • 高温多湿な日本の自然条件に適しています。
  • 筋交いを効果的に活用することで、優れた耐震性を発揮します。
  • 木の良さを実感できます。
  • 住宅会社や職人の技術が、品質に反映されます。
工期 約90~150日 シェア 68.9%

プレハブ工法

種類
構造 建物の部材をユニットごとに工場で生産・加工し、それを現場に運搬して組み立てていく工法です。鉄骨系軸組工法もプレハブ工法の一種です。
特徴
  • 工期が短く、工費も比較的安価です。
  • 耐震性・耐火性に優れています。
  • 規格化された要項の範囲内で、設計を決めます。
  • 増改築の際は制約があります。
工期 約40~70日 シェア 17.9%

ツーバイフォー(2×4)工法

種類
構造 断面寸法が主に2インチ(約5cm)×4インチ(約10cm)の木材で枠を組み、それに合板を貼った木製パネルを用いて、箱を作るようにして建てます。
特徴
  • 面材で囲むため、高い耐震性・耐火性を発揮します。
  • 気密性、断熱性に優れています。
  • 設計・増改築の制約が多くなります。
  • 構造材の特性から、パネル面の反りや凹凸が発生しやすい。
工期 75~150日 シェア 8.9%

鉄骨系軸組工法

種類
構造 木材に代わって柱や梁などの構造材に鉄骨を用い、溶接やボルトで各部材を接合。「ブレース」と呼ばれる筋交いで強度を高めます。
特徴
  • 規格化された要項の範囲内で、設計を決めます。
  • 増改築の制約が多く、増築部だけ木造になるケースも。
  • 加熱後、緩やかに強度が低下する木材に対し、急激に強度が低下する特徴があります。
工期 90~120日

鉄筋コンクリート(RC工法)

種類
構造 現場で鉄筋を組んで合板でつくった型枠をはめ、そこにコンクリートを流し込み、躯体をつくる工法です。
特徴
  • 強度・耐震性・耐火性とも優れています。
  • 増改築の制約が多く、増築部だけ木造になるケースも。
  • 躯体が重いため、地盤が軟弱な場合は相当な補強を要します。
工期 210~240日

国土交通省公表(平成19年1月31日)


はじめての家づくり入門