アキュラホーム

サイト内検索


現在位置
アキュラホーム住宅会社としての家づくり家を建てる為のマメ知識はじめての家づくり入門 > プランニング > 二世帯住宅

二世帯住宅

住まいには、思いやりが込められている。

さまざまな二世帯住宅のタイプ

二世帯住宅を建てる際、親と子それぞれの世帯がどんな暮らし方をしたいのか、生活スタイルや生活時間はどう違うかなどを整理して確認することが大切です。それによって「どの程度まで生活を共有するか」が決まります。双方とも気兼ねや遠慮をせずによく話し合い、おたがいが末永く仲睦まじく暮らせるバランスを考えましょう。家族の数だけ暮らし方があり、二世帯住宅を大まかに分けると以下の3つが基本的なタイプになります。

  1. 同居タイプ
    玄関やリビング・ダイニング、浴室や水回りをはじめ、寝室などのプライベートスペース以外を共有するタイプ。おたがいの世帯の相互理解が欠かせないものながら、ひとつ屋根の下で大家族ならではの良さが得られます。狭い床面積でも共用部分が多いため、比較的余裕のある空間づくりを計画できます。
  2. 部分共有タイプ
    リビング・ダイニングは各世帯で、玄関や浴室、トイレなどは共有に。あるいは玄関や浴室を分離させ、リビングやキッチンを共有するなどさまざまなパターンが考えられます。ライフスタイルの違いを尊重しあいながら、コミュニケーションを大切にしたいご家族に向いているタイプといえるでしょう。
  3. 分離タイプ
    玄関以外、あるいは玄関も含めてすべての生活空間を分離するタイプです。二世帯それぞれの生活スタイルや生活ニーズをもっとも尊重できるもので、おたがいに気兼ねすることなく暮らせます。プライバシーを重視するマンション感覚の二世帯住宅といえ、自立した暮らしを大切にしたいご家族に最適です。

二世帯住宅の基本タイプ

お年寄りがラクな住まいにする

お年寄りと一緒に暮らす場合には、階段やバスルーム、トイレのほか、くつろいだ姿勢をとる場所以外には手すりをつけて転倒防止に気をつけるといった配慮が必要です。そうした心づかいが、誰もが暮らしやすい住まいをつくります。


はじめての家づくり入門