アキュラホーム

サイト内検索


現在位置
アキュラホーム住宅会社としての家づくり家を建てる為のマメ知識はじめての家づくり入門 > プランニング > 収納

収納

暮らしはつづく。物は増えていく。

使う頻度に応じて収納場所を決める


飾る収納で、華やかさを演出

収納の基本は「使うところに、使う物」。使う頻度の高い物は取り出しやすく、かたづけやすい場所に収納します。季節用品や思い出の品などは、納戸にまとめて収めましょう。

飾る収納と隠す収納


寝室などは隠す収納でスッキリ

物を収めるばかりが収納ではありません。たとえば、リビングではオープンの棚にお気に入りの物を並べる、洗面所は湿気を吸わないグッズを利用するなど、お部屋の用途や雰囲気に応じたスタイルを使い分けましょう。

場所や目的に応じて、使いやすく効率的な収納を


玄関収納

収納をたっぷりと確保すれば、スッキリと美しい玄関に


ホール・廊下・階段下収納

使う頻度の高い家事用品や日用品などは取出しやすい場所に


階段下廊下

ホール・廊下・階段した収納扉を付けることでスッキリキレイに


階段下収納

デッドスペースとなってしまう階段下を有効利用


かざる収納

オープンな棚にはお気に入りのものを並べるなど


かざる棚

玄関、ホールには飾りだなを設けることでワンランク上の空間を演出


かざる棚

リビングには、造り付けのスッキリとした飾り棚を


キッチンの隣に収納

シンク・調理台・コンロまわりそれぞれに、そこでよく使うものを収納。


居室収納

壁面に扉つきの収納を設けて、室内をスッキリ広々と


パントリー

キッチンや水まわりの間に収納を設けることで、キッチンまわりもスッキリ


  • 間仕切り収納

子ども部屋などは、成長に合わせて可動式の間仕切り収納で区切ると便利


  • 間仕切り収納

収納で空間を仕切ることで、リフォームを容易に


  • 大収納・納戸

使う頻度の少ない物や季節用品、捨てられない思い出の品などを


  • 「かざる」収納

「大収納のある家」の一角に「大収納アルコーブ」を設けることで、一味違った「ディスプレイ収納」に


ウォークインクローゼット

クローゼット内に入って、服を選べる便利な収納。地震対策として、タンスなどを置きたくない寝室に最適


納戸

衣類をたっぷりと収納ができ、タンスなども納めることで、ベットルームはスッキリ


  • 小屋裏収納

小屋裏を有効利用した収納。使う頻度の少ないものなどを


  • 小屋根裏収納

2階から階段を上がった所に設けた小屋根裏収納階

Point!収納プランのポイント

  • 使う場所に、使う物を
  • 物が増えることを考慮して、収納スペースはゆとりを持って
  • 本棚など段のある収納は、よく取り出す物を、人の上半身の高さに収める
  • 収納場所と収める物のサイズをきちんと測って、ムダなく収める
  • 収納場所のなかで、用途ごとにわけて整理する など

はじめての家づくり入門