アキュラの家づくり

現在位置
アキュラホーム住宅会社としての家づくりアキュラホームとは高耐震・高耐久の長期優良住宅 > 耐震実験

耐震実験

日本最大の地震波を連続実験!

アキュラホームは、2005年3月16日、東京・清瀬市にある大林組技術研究所で、実物大耐震実験を実施。 阪神淡路大震災や新潟県中越地震などで記録された過去最大級の地震波を連続3回再現。
震度7クラスの激震を連続で受けたにもかかわらず、木材の破損など構造体の損傷もなく、極めて高い耐震性能が実証されました。

実験:1回目 阪神淡路大震災(神戸市)

震度6強/最大加速度818gal/マグニチュード7.3
この地震の特徴である大きな横揺れを発生させ、建物を水平に激しく振動させた。

結果

損傷なし

実験:2回目 新潟県中越地震(川口町)

震度7/最大加速度2,036gal/マグニチュード6.8
観測史上最大の揺れを再現し、細かい縦揺れから大きく突き上げる振動を実験。

結果

損傷なし

実験:3回目 新潟県中越地震(小千谷市)

震度6強/最大加速度1,314gal/マグニチュード6.8
最も被害の大きかった地域の地震を再現。横揺れを伴って建物を激しく振動。

結果

損傷なし
同一建物に3回目の地震波を再現したにもかかわらず、壁紙の表面に、ごく軽微なキレツのみ

実験後、石膏ボードをはずして柱や筋交い、金物のゆるみなどを確認したが全く異常なし。このまま住みつづけられる家であることが確認された。

gal(ガル・加速度)
単位時間あたり、どれだけ速さが変化したかを表します。速度が毎秒1cmずつ速くなる加速状態が1ガルで、標準的な地球上の引力(重力加速度)は980ガルです。
マグニチュード
地震計の記録から求めた地震の規模を表す単位です。マグニチュードが“1”増えると、地震のエネルギーは約30倍になります。
震度
ある地点における揺れの大きさを表す単位で、揺れの度合いを10段階(0,1,2,3,4,5弱,5強,6弱,6強,7)に分類したものです。 マグニチュードが大きな地震でも、その地震が遠くで起きたものであれば震度は小さくなり、逆に震源が近い場合はマグニチュードが小さくても震度は大きくなります。
  • 震度は、地盤や建物の構造、人々の心理状態によって異なります。

品質も価格も、あきらめない。一生に一度の買い物だからこそ、品質も価格もあきらめたくない。そんなお客様の声に、アキュラホームはお応えします。