アキュラホーム

インテリアコーディネーター

 中途採用情報トップへ
住宅営業 設計 施工管理 インテリアコーディネーター
 
仕事内容 先輩社員の声

お客様と一緒にどんな住空間にしていきたいかを直接話し合いながらご要望をキャッチアップし、内装の色から照明器具、
カーテンなどをご提案するのが主な仕事内容です。 住まいは毎日の生活とダイレクトに関係するだけに、デザインの美しさは目に見える要素だけでなく機能、心理、健康などと密接なかかわりがあります。お客様の住まいをより美しく暮らしやすい生活の場にする仕事ですから、お客様の「笑顔」と「ありがとう」という感謝の言葉に出会え、とてもやりがいを感じることができます。
  経験者の方には、スキルに応じ、実力が発揮できるステージをご用意いたします。


【先輩社員の声】

インテリアコーディネーター 斉藤真美/2004年(平成16年)入社

お客様のイメージは千差万別!
あなたが住空間のプロデューサー!!

■自分のイメージ≠お客様のイメージ
  自分のイメージをお客様に提案・・・。インテリアコーディネーターが陥りやすい誤りです。
  重要なのはお客様が言葉ではなかなか表現できない部分をキャッチアップし、具体的なカタチにすること。さらにプロとしてお客様の想いを超えたより良いプランを提案すること。あなた次第でお客様の生活をより豊かなものにできる。
  つまり、あなたが住空間をプロデュースすることで、お客様の「毎日」を演出するのです。



■無限大に広がる住空間とあなたの可能性
  お客様の数は他社と比較して圧倒的に多いうえ、自由設計の注文住宅ですから提案できる"カタチ"は無限大。
  だからこそ、インテリアだけでなく、建築に関する幅広い知識や表現力も身に付けられる。あなたの可能性も広がることでしょう。

■ちょっとしたことにヒントが…。
  お客様と打ち合わせを進めるうちに、ちょっと脇道にそれてしまい、どこそこの何が美味しいとか「美味しいもの談議」に発展してしまったり…。そんな会話の中からもご家族の休日の過ごし方が見えてきて、インテリアをご提案する際の参考になることも。そんなコミュニケーションも重要な仕事のひとつです。

■お客様からの「ありがとう!」
  お客様に最も近い立場にいるため、いろいろとインテリア以外のご相談を受けたり、クレームを直接、言われることも。また、営業・設計・施工管理の各担当者にお客様のご要望を伝えなければならず、板ばさみになることもありました。
  でも、お客様のイメージ通りの家が建ち、「ありがとう!」という一言で、今までの苦労は吹っ飛びます。これがやり甲斐です!

《先輩社員インタビュー映像》
斉藤真美 平成16年入社 大手住宅メーカーA社より転職
ブロードバンド用

ナローバンド用
インタビュー映像の視聴には Windows Media Player が必要です。

人材募集の応募フォーム

Copyright(c) 2011 AQURAHOME Corporation All Rights Reserved.