現在位置
アキュラホーム > 削ろう会

総勢300名から選抜され「全国削ろう会」に参戦!アキュラグループの匠たち

「全国削ろう会」とは、木工技術の維持・発展、日本の大工道具(手道具)の製造技術の向上を目指し、競い楽しみながら修練し、次世代へ伝承する目的で1997年から行われている大会です。
カンナで木材を薄く削る、「カンナ薄削り競技」のレベルは非常に高く、職人の仕事紹介、カンナがけ体験など、一般の方でも楽しめる会となっており、木造注文住宅を提供する当社では、よりお客様にご満足いただける住まいを提供するための技術向上、また削ろう会の目的に強く賛同し2011年から6年連続で参加を続けています。

カンナ削り大会のレベルは高く、全国でも熟練の技術を持つ大工だけが参加します。

会場内には匠の技術を持った800名の精鋭が終結する中、今年度はアキュラグループ内で全国300名の中から選りすぐられた選抜メンバー15名と代表の宮沢が参加。
1ミクロン(1000分の1ミリ)の差で勝敗が決するこの大会では、非常に高い技術が必要とされ、参加をするだけでも大変な栄誉ある大会ですが、今後もさらに研鑽を重ね、技術を磨いていくことを誓いました。

総勢300名から選抜され「削ろう会」に参戦!アキュラグループの匠たち
各エリアから選ばれた匠の皆さん