ご家族と毎日を共にする。
だからこそ「会って良かった」と思われる人間でいたい。

東京西支店 立川営業所

お客様に家づくりのご依頼をいただいてから完成までは、だいたい1年弱。その間私たちは、ご家族の生活の大部分をともに歩むことになります。何度も顔を合わせるからこそ、いつもお客様のことを最優先に考え「あなたと出会えて良かった」と思っていただけるような人間でありたいと思っています。

 

ご担当させていただいた娘様ご夫婦からのご依頼は、ご両親との同居を見据えた二世帯住宅でした。打ち合わせ自体は順調に進んでいたのですが、お体が不自由で建築現場に来られないお父様にも状況を知っていただきたいと思い、進捗を写真付きの報告書にまとめ、その都度お渡しに行くようにしていました。その甲斐あってかお父様からのご不満は特になく、家づくりも順調に進んでいきました。ところが上棟のご報告を終えた数日後、お父様がお亡くなりになったというご連絡をいただきました。驚きで言葉が出ない私に、娘様が「父は上棟の写真を見ながら『少し心配だったけど、ここまでくれば安心だ』と言い残していました」という話をしてくださり、少しだけホッとしたことを覚えています。

 

そして無事、家は完成。
お引渡し時にふたたび娘様から「父は完成を見られませんでしたが、生前は父のために一生懸命写真を届けてくださってありがとうございました。とても喜んでいました。アキュラホームさんにして本当に良かったです。ありがとう」という、これ以上ないあたたかいお言葉をいただき、胸がいっぱいになりました。お父様がお母様と暮らすはずだったお部屋にはお仏壇が置かれており、点検でおうかがいした際にはその前で手を合わせて「どこも問題ありません。ご安心ください」と、ご報告するようにしています。

PICKUP