車椅子のご夫婦を
自宅にお招きした話。

横浜支店 平沼第一営業所

その日展示場の前で車椅子のお客様が中をご覧になっていました。私が「どうぞどうぞ」と促すと、照れくさそうに「私たち車椅子ですけど、大丈夫ですか」と一言。なんとご夫婦とも車椅子でした。テレビを見て弊社にご興味を持っていただいたのですが、車椅子を理由に訪ねることができなかったとのこと。その場でご訪問のお約束をし、後日ご実家へ調査にうかがうことになりました。
 
ご自宅にはご夫婦のほかに息子様と介護の必要なお母様がお住まいでした。息子様がお仕事の平日は3人暮らしとなるため、車椅子でも不自由のない安心安全な住まいがご希望でした。さっそく福祉住環境に詳しいデザイナーと相談してプランをご提案すると、気に入っていただけたようで話が前に進みかけたのですが、しばらくして「イメージがわかない」との連絡が。どうすべきか考えた結果、「私の家を見に来ませんか?」とご提案しました。数か月前にアキュラホームで建てた私の家なら、最新設備のイメージが伝わると思ったからです。ご快諾いただいた数日後、レンタルした福祉車両でお迎えにあがり、遠慮するお二人を背負いつつ、我が家をグルリと見学いただきました。その甲斐あってかご契約いただき、安心安全な住まいの完成に向け、現在工事が着々と進んでいます。
 
お客様の中には展示場を見たくても見られない方もおられます。そんな方々に私たちができることは少ないかもしれませんが、それでもお越しいただいたお客様には、チーム一丸となってできる限りのご対応をさせていただきたいと思います。

PICKUP