想像を超えるこだわりの数々。
どこまでご満足いただけるか…?

湘南支店

私が設計職になって、はじめてのお客様のお話です。元々の担当設計が異動となり、詳細が進んだ中での引継ぎでした。前担当者から「こだわりの強いご家族だから、まとまるまでの道のりは長いと思う」と言われ、身構えておりましたが、実際にご要望をおうかがいすると、想像以上のこだわりの数々に戸惑うことだらけでした。

 

イメージは「朽ちたアンティーク」。無垢の建具、無垢のフローリング、タイル貼りキッチン、朽ちた木のあらわし梁、質感のあるアイアン、洞窟のような玄関・・・。弊社の取扱い商材で似たものを探しつつ、ないものはネットで検索し、イメージに近いモノを発見してはサンプルを取り寄せて、予算と質感のご相談。場合によっては棚などを建て付けにせず後付けにした方が、雰囲気的にもご予算的にも良いですよと、インテリアコーディネーターと相談しながらご提案しました。

 

限られた時間と予算の中で試行錯誤の連続でしたが、できることとできないことをしっかりと説明しながら、無我夢中で打合せを進めていきました。完成までドキドキの連続でしたが、できあがった建物をご覧いただいて、とても喜んでいただけたので安心しました。

 

大変なことが多い案件でしたが、その時の「アキュラホームさんでもこんな家が建てられるんだ、という良い事例にしてください」という言葉が大きな励みとなりました。お引渡し後、ちょうど1年たった時くらいに「お世話になったから」という理由でホームパーティーにお招きいただき、その時「ああ、本当に喜んでくださっていたのだな」と改めて感動し、うれしく思いました。

PICKUP