第2回 「アキュラ節電の匠コンテスト」冬 結果発表|アキュラ「節電の匠コンテスト 冬」に多数のご応募をいただき誠にありがとうございました。厳正なる審査の結果、各賞が決定いたしましたので発表をいたします。冬の節電対策について納得のアイディアからユニークなアイディアまで大変多くのご応募をいただき、みなさまの節電に対する関心の高さをあらためて実感いたしました。みなさまから寄せられた節電方法を参考に、アキュラホームはさらにエコへの取り組みに力を入れて参ります。

入賞者発表

入賞者の方には5/7(月)以降に事務局より順次ご連絡させて頂きます。

【節電・省エネ匠賞】普段から節電に取り組まれ、同条件(家族構成)のもとで比較して大幅に電力消費が少なく、創意工夫により節電・省エネに効果のあった方上位10名に贈呈します。

1位 グランプリ (商品券3万円分)東京都 S.A様

【審査員からのコメント】

4人家族で76kwh/月は驚異的です。拭き掃除により掃除機の使用を減らしています。加湿・除湿機に頼らず、洗濯物の部屋干しによる加湿や窓の結露拭き取りなど、湿度も意識して生活しています。家族同じ部屋で過ごし、絵本や折り紙で親子のコミュニケーションを深めています。

2位、3位 準グランプリ (商品券2万円分)

神奈川県 S.N様

【審査員からのコメント】

自ら電力メーターをチェックして使用量を意識しています。お子さんを湯たんぽ代わりにしたり、しょうがやとうもろこし茶などで体を温める工夫が目を引きました。ご飯と一緒に副菜も炊いてしまうという「併せ炊飯」はママ友との情報交換の賜物でしょうか。同じ部屋で過ごして、読書でテレビを短縮する取組はS.Aさんと共通しています。

埼玉県 N.T様

【審査員からのコメント】

5人家族で98kwh/月という節電生活は驚異的です。部屋も風呂も布団も家族一緒という仲の良いご家族で、お互いの体温で温めるという「人間湯たんぽ」という発想には驚きでした。食事の時はテレビを消しているそうですが、和やかな会話がはずんでいる食卓が目に浮かびます。モップとほうきで掃除機の使用を減らしている点はS.Aさんと共通しています。

4位~7位 節電・省エネ匠賞(商品券1万円分)

神奈川県 O.K様

【審査員からのコメント】

雑巾がけとほうきで掃除というのは上位の方に共通しています。まとめ洗いやソーラースタンドの活用に加え、冬は冷蔵庫の製氷スイッチを切るという着眼には感心しました。アンペアダウンをきっかけに電力を多く使うものを把握したり、節電の大切さをお子さんにも話されたということも評価されます。

埼玉県 T.M様

【審査員からのコメント】

ハンディモップと雑巾がけで朝からポカポカということは、掃除機だけでなく暖房の省エネにもつながっています。夕方はジョギングで汗をかいて暖房いらず、とにかくよく体を動かす奥様です。ろうそくでの入浴はユニークです。ドライヤー使い過ぎの100円貯金、夫君の協力なども評価されます。省エネ生活を楽しんでいるというところがいいですね。

東京都 T.H様

【審査員からのコメント】

全員の帰宅を待って食事することで温め直しを減らし、同じ部屋で過ごすことで照明や暖房も最小限にしています。明るいうちに用事を済ませることや電気料金の2段料金がかからないようにということも意識されています。


神奈川県 Y.S様

【審査員からのコメント】

寒い時は掃除や息子さんとの遊びで身体を動かして温める工夫をしています。息子さんのタオルをお母さんが使ったり、風呂の残り湯で下洗いして洗濯時間や回数を減らしています。朝型生活への切替、冷蔵と冷凍の切替、照明の切替など、切替がキーワードになっています。震災による気持ちの切り替えが今も継続しているようですね。

8位~10位 節電・省エネ匠賞(商品券5千円分)

東京都 O.K様

【審査員からのコメント】

一戸建てに家族4人と猫2匹で15アンペアというのは驚異的です。数字に強い夫君の理解と協力があってこそと納得しました。冷蔵庫の節電、おばあちゃんとお嬢さんも含め、ウォームビズで暖房削減に努めておられます。お嬢さんの成長が楽しみですね。

愛知県 K.R様

【審査員からのコメント】

エアコン暖房を減らすことを特に意識して、全員がリビングに集まること、外出等の30分前にoff、鍋物などの飲食物やエクササイズなどでも身体を温める、なるべく早く寝るなど、無駄のない生活を心がけています。

神奈川県 M.S様

【審査員からのコメント】

家族3人がリビングに集まり、炊飯も洗濯もなるべくまとめて行うことを意識しています。ゆたんぽをお子さんと夫君が時間差で使い、翌朝の食器洗いにも活用という一石三鳥もいいですね。朝型ライフもぜひ継続してください。

【電力削減賞】前年同月に比べ、電力削減率の高かった方上位5名に贈呈します。

1位 グランプリ (エコグッズ3万円分)神奈川県 N.S様 削減率:84%

2位 準グランプリ (エコグッズ2万円分)神奈川県 H.A様 削減率:79%

3位 準グランプリ (エコグッズ2万円分)神奈川県 F.K様 削減率:73%

【節電貢献賞】前年同月に比べ、消費電力が10%削減した方全員に贈呈します。※他の賞とは重複いたしません。

電力削減率10%削減を達成した全員にクオカード500円分贈呈

審査員総評

総合評価
601件の応募の中から、一次審査を通過した76件を対象に二次審査を行い、節電・省エネ匠賞10件を選考しました。電力削減賞と節電貢献賞は数値で一義的に決定しましたが、匠賞は数値だけでなく取組内容の独創性や家族の協力などの要素も加味して評価しました。
特に上位30件には共通する要素も多く、評価点も僅差でぎりぎりまで苦労しました。その中でも、応募者の熱意や独創性溢れる取組、家族の理解と協力などが伺える取組を評価して最終順位を決定しました。
審査員紹介

環境カウンセラー 片亀 光(かたかめ ひかる)氏

環境カウンセラー、(株)環境評価機構代表。講演活動を中心に企業の環境マネジメントシステム構築のアドバイス、一般市民対象の環境セミナーなどに携わる。テレビの節電企画など多数出演。

片亀 光(かたかめ ひかる)氏

プライバシーポリシー  利用規約

ページトップへ