アキュラの家づくり

現在位置
アキュラホームアキュラホームとは > 日本最大のネットワーク

アキュラホームが主宰するホームビルダー集団SABM・ジャーブネット

アキュラホームは、全国約250社のホームビルダーと独自のネットワークを形成しています。この日本最大級のスケールメリットを活用し、たとえば住宅部資材や設備の購入にあたっては、多くの企業とのコラボレーションにより、全国規模での大量一括仕入れを実現。高品質・適正価格の住まいを全国に提供しています。

日本最大級のネットワーク・ジャーブネットを主宰

アキュラホームは全国約250社のホームビルダーと独自のネットワークを形成しています。すでに27年超の歴史あるこのネットワーク「ジャーブネット」は日本最大級。
参加企業はすべて独立自営で、それぞれが主体性を持ちながら地域に根差した「住まいづくりの専門家」です。
このスケールメリットを活用し、たとえば住宅部資材や設備の購入にあたっては、全国規模での大量一括仕入れを実現。高品質・適正価格の住まいを全国に提供しています。
※ジャーブネット:JAHBnet=ジャパン・エリア・ホームビルダー・ネットワーク

JAHBnet ご家族の幸せをデザインする家づくり 日本最大のホームビルダー集団「ジャーブネット」を主宰するアキュラホーム。

住宅業界住宅供給棟数「FC・VC部門NO.1」の実績 【16年連続No.1】

日本最大級の工務店集団ジャーブネットは、お客様に喜ばれる家づくり、暮らしづくりを積み重ね、 お客様からのご支持を着実に広げてきました。 その結果、ジャーブネット会員による販売棟数は、累計13万棟を達成し、 全国13万家族からの確かな信頼をいただいております。 また2002年から2017年に渡り、住宅供給棟数16年連続No.1を達成。 現在も工務店ネットワークのリーディングブランドとして住まいを作り続けています。

日本一のビルダー集団を目指して設立されたSABM

スマート・アライアンス・ビルダー・メンバー(SABM)はジャーブネットの上位組織として2019年9月1日に設立されました。ジャーブネットの中の優良ビルダーや、次世代の理想のつくり手を目指す優良ビルダーで構成された、日本一のホームビルダー集団を目指す組織です。

経済産業省も参考にしたジャーブネットの家づくり

冬暖かく夏涼しい。省エネで快適な住まいを坪29.8万円からつくるノウハウは、次世代省エネ住宅の普及を求める経済産業省も注目。「経済産業省次世代省エネ住宅普及促進事業研究会」に、民間金融機関や流通会社などとともに招聘され、普及のためのビジネスモデルづくりに参画。アキュラホームは業界に先駆けて次世代省エネ住宅供給ビジネスモデル商品化第一号を開発。ジャーブネット会員ビルダーと合同で、日本における次世代省エネ住宅の普及に貢献しています。