アキュラホームグループ コロナウイルスワクチン職域接種 一次申請の接種者約1万3000人までで断念 ワクチン不足を受け、地方自治体優先に|注文住宅のアキュラホーム|完全自由設計のハウスメーカー

ニュースリリース

News Release

アキュラホームグループ コロナウイルスワクチン職域接種
一次申請の接種者約1万3000人までで断念
ワクチン不足を受け、地方自治体優先に

2021.07.05

木造注文住宅を手がけるアキュラホームグループ(本社:東京都新宿区、社長:宮沢俊哉)は、職域での新型コロナウ
イルスワクチン接種を開始する政府の発表方針を受け、翌日 6 月 9 日(水)にはいち早く職域接種を実施する旨を発表。


医療関係者、高齢者にしか進んでいなかった地方自治体での接種率のスピード向上の一躍を担えればということで、一
次申請として 1 万人、また二次・三次申請を含め合計3 万人規模での接種計画を立て、進めてきました。


東京会場では 6 月 23 日(水)を皮切りに、一次申請分の 1 回目の接種を、5日間で 5,000 人に対し 7 月 3 日に終了し
ました。また、東京会場の他、大阪会場でも 6 月 29 日(火)に接種がスタート、7 月 5 日までに約 1,500 人の接種が終了
し、合計で約6,500 名への接種が終了しています。

二次申請、三次申請に向けてもすでに準備を開始していましたが、ワ
クチン不足の報道を受け、まずは地方自治体でのワクチン接種が迅速に接種できるようにすることが優先と考え、一次
申請分の 1 万3,000 人で職域接種を終了することに決定しました。


▼一次申請分1 万3,000 人のうち、すでに 6,500 名の接種が終了。3 万人に向け準備進めたが

当社の従業員は全国で約1,400人ですが、当初、約20倍となる 3万人の接種を目標に職域接種を開始しました。日本
の住宅業界では、全国の着工戸数の 6 割以上が各地域に根差した工務店(ホームビルダー)によって建築されています。


また、建築業の裾野は非常に幅広く、取引業者や工務店会員の多くは中小の零細企業となっています。アキュラホーム
グループでは、そのような皆様の不安を解消し、実業に向かっていただくことが、地域経済のいち早い復活につながると
考え、当社従業員とその家族だけでなく、取引業者やお取引のある地域工務店、その従業員やご家族、さらにお施主様
(アキュラホームで建築いただいた方)にまで対象を広げ、接種することを決定しました。

第一次分として申請した 13,000 人分のうち、東京会場では7 月3日(土)に当初計画の 5,000人への接種を終了。また
7月4日(日)には大阪会場で約1,500人の接種が終わり、合計で約6,500名への接種が終了しました。1日平均1000人
以上の接種を、無事故で進めています。接種者である取引業者や工務店の皆様からは多くの感謝のお声もいただいて
います。

また、業界内外の多くの方から、次回接種への問い合わせもいただいており、弊社としては一日も早く多くの方
に安心を届けるため、3 万人接種に向け予算計画を組み、会場の手配、医療従事者の確保など、二次・三次以降の接種
に向けての準備が完了している状態でした。

▼6 月25 日からの「職域接種 新規受付停止」を受け、当初計画1 万3000 人で接種終了を決定


しかしながら、6 月 25 日(金)以降は、ワクチン不足による職域接種の新規受付が停止となり、このまま受付中止とな
る可能性が高いと言われています。このワクチン不足の報道を受け、まずは地方自治体でのワクチン接種が迅速に接
種できるようにすることが優先と考え、2次申請1万人分と3次申請予定1万人分の申請を取り下げ、3 万人接種を断念す
ることとしました。

当初の厚労省からの呼びかけによりワクチン早期接種にいち早く応じたものの、一転ワクチン不足に
転じ、弊社でも一部ワクチンの入手が不透明な状況のなか、会場、医療従事者の理解も得て取り下げることにしました。
今後は 7 月21 日(水)より開始する 2 回目の接種に向け、ワクチン確保を優先とし、従業員や家族、取引業者様やそのご
家族、中小工務店やお施主様などが安全・安心な暮らしを取り戻せるよう、グループ一丸となり取り組む所存です。