アキュラホーム

サイト内検索


現在位置
アキュラホーム住宅会社としての家づくり家を建てる為のマメ知識はじめての家づくり入門 > プランニング > ロケーティング

ロケーティング

敷地から、快適さを発想する。

敷地内の建物の配置と建物内のレイアウトは、住まいの快適さを確保するうえでの基本。敷地の方位によって陽あたりや風通しなどが大きく変わるので、住宅会社と相談のうえ、最適なロケーティングを計画しましょう。

敷地の方位に応じたロケーティングの基本セオリー

東側道路の敷地

  • 陽あたりの良い南側に庭を配置。車庫を道路側に配置すれば玄関までのアプローチができるうえ、東・南(庭)側に空間ができるため、日照が遮られにくくなります。
  • リビングと居室も南側に配置できます。また、遮蔽物のない東(道路)側から朝日が入るので、気持ちのいい朝を迎えられます。

西側道路の敷地

  • 陽あたりの良い南側に庭を配置。車庫を道路側に配置すれば玄関までのアプローチができるうえ、西・南(庭)側に空間ができるため、日照が遮られにくくなります。
  • リビングと居室も南側に配置でき明るい雰囲気になります。

南側道路の敷地

  • 遮蔽物のない南(道路)側に面して庭・LDK・居室すべてを配置できるため、陽あたりがよくなります。
  • 庭・車庫のスペース分、玄関までのアプローチを確保することができます。
  • 設計の自由度が高く、凝った外観・デザインにすることができます。

北側道路の敷地

  • 北側に玄関や車庫をまとめることができるため、南側に居室を並べることができます。
  • 道路と反対の南側に庭を配置。プライバシーの守られた空間ができ、小さなお子さまが遊んでも安心な場所が確保できます。


前面道路の幅員が4m未満の場合

Column前面道路の幅と敷地規制

敷地は、原則として幅4m以上の道路に2m以上接していることが必要です。ただし例外として、道路幅が4m未満でも特定の基準をクリアしていれば建築が認められます。この場合、道路の中心線から2m後退(セットバック)したところが敷地の境界線とされ、その外側部分は敷地面積から除いて建ぺい率・容積率を算出します。


はじめての家づくり入門