企業情報

現在位置
アキュラホーム企業情報社会貢献活動 -木望の未来プロジェクト-

社会貢献活動 -木望の未来プロジェクト-

「木の素晴らしさ」「物の大切さ」「物づくりの楽しさ」を伝えたい

木望の未来プロジェクト

アキュラホームは、木の家を提供する企業として、「木の素晴らしさ」「物の大切さ」「物づくりの楽しさ」を、次代を担う子どもたちに伝えていきたいと考え、2010年4月より『木望の未来プロジェクト』をスタートしました。

  • 「木」と「希望」を掛け合わせて木望(きぼう)の未来プロジェクトと名づけました

活動内容は、地域の間伐材を加工し製作した小学校学習用机の天板を小学校に寄贈し、 古い机を再生します。また、「カンナ社長のふれあい授業」を通して、「木の良さ」と「物の大切さ」を 伝えていきます。

  • 間伐材とは、森林の木が成長するため間引き(木々の間隔を広くするため一部の木を伐採)された木材のことです

カンナ社長のふれあい授業

カンナがけ実演

天板の交換

新調された机の天板

小学校学習用机の天板に“間伐材”を利用する理由

間伐材は、主伐材よりも直径が細く用途が限られることや、輸入木材と比較するとコストがかかるため、現在は需要が低迷しています。そのため間伐自体があまり行われなくなり、森林の荒廃など環境に影響を与えています。当社では、この間伐材を積極的に利用することによって、環境保全や地球温暖化防止の一助となればと考えています。また、この活動を通して間伐材利用の啓発を行っていきます。

活動実地内容及び履歴

  • カンナ社長の講演とカンナがけ実演
  • 子どもたちのカンナがけ体験
  • 学習机天板交換体験(6年生のみ)

2011年1月
埼玉県熊谷市の小学校

2010年12月
東京都多摩市立の小学校

2010年
東京都の小学校

アキュラホームの社会貢献活動について

2009年に創業30周年を迎え、新たな企業活動として、当社らしいかたちで地域に恩返しすると共に、豊かな社会形成に貢献したいと考え、この活動を開始しました。創業35周年を迎えてもこの活動は、全国にある16支店を通じて継続的に実施しており、将来的には当社が主宰する地域工務店ネットワーク「JAHBnet(ジャーブネット)」へ拡大していきたいと考えています。