なかなかお会いできないお客様と、
信頼関係をどう築くか。

兵庫支店 工務チーム

お客様の中にはお忙しい方もおられ、なかなかお会いできない場合があります。そういった方とどのようにコミュニケーションを取り、信頼関係を築くか。それもまたお客様のご満足につながる私たちの大切な役目だと考えます。

 

あるお客様とのやりとりは週に1回、お電話のみが基本でした。ただ、それだけでは不安に思われることもあるだろうと考え、現場の状況を写真におさめ、説明を添えてまとめた報告書のようなものをつくり、その都度お渡しするようにしていました。お客様からは「しっかり進めていただいていて安心です。お任せします」という言葉をいただき、私たちも安心して工程を進めることができました。お引き渡し時には、報告書をアルバムにまとめてプレゼント。

 
お客様からは「お任せしっぱなしでしたが、良い家を建てていただきありがとうございました」と言っていただきとても嬉しく思いました。

 

その後、お引き渡しから3か月後の点検でご訪問した時も、住みごこちや使い勝手に応じての対応をさせていただきました。現場監督としては通常そこで終わりなのですが、その後アフターサポート担当に異動になったことで関係は続き、残念ながら都合が合わず実現しませんでしたが、ある歌手のコンサートに一緒に行こうとお誘いいただいたこともあります。近い将来、ご主人の弟様が目の前の敷地に新築されるご予定があるようで、「その時は真っ先にアキュラホームを薦めます」という嬉しいお約束もいただけました。お客様にはいろいろな方がおられますが、その方に合ったお付き合いをさせていただき、どなたとも心地よい関係をつくっていければと思います。

PICKUP