ほとんど家の話をせずに
ご成約となった話。

兵庫支店 明石営業所

展示場には本当にいろいろな方が来られます。しかしどのような方が来られても、できるだけ先入観は持たず、白紙の状態で接するのが私のモットーです。
 
ある日のこと。一人の男性がふらりと「一人で住む家を考えている」とご来場されました。1時間ほどお話をして帰られましたが、話す内容と言えば、ご自身の生活についての話ばかり。家の話はほとんどありませんでした。イベントでご来場されたのかな?と思いつつ、いつも通りお礼状を送ると、数か月後「土地を見つけたのでローンの相談に乗ってほしい」と、再びご来店されました。しかしまたその時も住まい以外の私的なお話が続き、お客様の個人的な問題についてはどんどん詳しくなる私でしたが、肝心の家づくりについての情報が全くない、といった状況でした。内心「困ったな」と思っていましたが、一度引き受けたからにはとことん付き合おうと思い、数ある銀行の中から借入ができる銀行を見つけ出してご連絡を入れました。すると「じゃあいつ契約に行けばいいですか?」とのお返事。私は驚いて「まだ家のことを何もご提案していませんが…」と答えると、「はじめから決めてましたよ」とのこと。後日、お言葉通り本当にご契約となりました。「どうして弊社に決めてくださったのですか?」と尋ねると、「私の事情を文句も言わずに、ただひたすら聞いてもらえたことが嬉しかったんです」と一言。黙って聞いていた私の態度が、お客様の選ぶ決め手になったようでした。
 
まったく思いもよらないカタチでの成約でしたが、この件から、私の仕事は必ずしも家を提供するだけではない、という事を学びました。家という人生に密着した買い物だからこそ、つくり手と住まい手である以前に一人の人として、お客様の良き相談相手、パートナーであることを心がけていきたいと思います。

PICKUP